鳥とめもないメモ帳

3歩歩いても忘れないために

オルスタライブでの持ち物について

世の中にはオールスタンディング(椅子なし)のライブというものがある。満員電車のような空間なので、持ち物には気を使うのだが、初めてだとどうしていいか分からないと思う。そこで、僕がどうしていたのかを紹介したい。

ライブハウスに足を踏み入れる不安

オルスタのライブは、リア充が行くところで、我々には無関係だと思っている人もいるかもしれない。僕もそう思っていた。しかし、その経験はあっさりと訪れた。声優大橋彩香さんを応援していた当時、初めて大橋彩香さんをリアルで見に行ったのが大阪江坂のライブハウスだった。AnisonIchiban(アニイチ)というイベントで、ホリプロ所属の声優がアニソンのカバーでライブをやるというイベントだ。このように、関係ないジャンルにいると思っていた人でも、ふと隣のジャンルに飛び込むと突然オルスタのライブに放り込まれたりするのだ。

持って行ったもの

さて、ではオルスタのライブでの僕の持ち物を紹介しよう。
持ち物は以下の通り

以上。

便利グッズ「トートバッグ」

ここでポイントになるのが、トートバッグだ。というのも、荷物が大きいと、駅のロッカーに荷物を預けることになる。この時、手ぶらでサイリウムを持ち歩くことがどうしても恥ずかしくてできなかったので、トートバッグに入れることにしたのだ。さらに、トートバッグがあれば、500円で交換したドリンクを帰るときに入れておくこともできる。そのほか、帰りに物販で買ったものも入れられる。ライブの物販では、袋がないということも多いのだ。手ぶらで買ってしまうと、たくさんのグッズをむき出しのまま持ち歩くことになってしまう。以上のような理由から、僕はトートバッグを持ち歩いていた。
ちなみに持ち歩いていたトートバッグは、ARIAの映画チケットの前売り券についていた特典トートバッグだ。これがA4サイズぐらいでちょうどいいサイズだった。

f:id:kotooka:20190121222818j:plain:w300
ARIAのトートバッグ
そしてトートバッグは、ライブ中は折りたたんでズボンのポケットに押し込んでいた。ライブ中は基本手ぶらになれる方がいいからだ。ちなみにライブハウスは基本1ドリンクオーダー制だが、先に飲み物を引き換えると邪魔になるので、僕はいつも最後に引き換えていた。
というわけで、行きたいなと思ったライブがもしオルスタだったら、この記事を参考にしてもらえれば幸いである。

(宣伝)

ARIAの映画、いいので観て
↓プライムビデオ

↓ブルーレイ

※本ブログはAmazon.co.jpアソシエイトプログラムのメンバーです。