鳥とめもないメモ帳

3歩歩いても忘れないために

今思っていること

男が自炊できるようになるための三箇条

私は2度ほど、自炊をしようと試みたことがある。1度目は大学生の時。1ヶ月ぐらいは続いたが、できるようになったのはハンバーグとオムライスとチャーハンぐらい。そして2回目は社会人になって一人暮らしを再開した時。そのときは1ヶ月ほとんどチャーハ…

モチベーション維持とは肯定的選択をし続けることである

モチベーション維持。これはずっと課題だった。なかなか続かないのである。続くこともあるが、続かないことの方が多い。人は同時にたくさんのことをできない。常に何かを選び、何かを諦めている。そのような感覚はあった。30歳が近づき、昔より時間が足りな…

本を読むということについて

「遅読家のための読書術」を読んだ 本屋でたまたま見つけて、最後の方を読んで、「あ、この著者は僕が思ってたことをそっくりそのまま代弁してくれている」と感じたので、そのままお持ち帰りした。まだ内容を覚えているうちに、読んで考えたことについてメモ…

インドア派でもアウトドア派でもない人がいるという話

私は、私自身のことをずっと、インドア派だと思っていた。しかし、いろんな人と接するうちに、どうやら私はインドアとは言えないのではないかと感じるようになった。かといって、アウトドアというわけでもない。アウトドアでサーフィンやらキャンプやらで騒…

子供のために本棚を作りたい

私は、自分の子供のために、自分が読んだ本でいっぱいの「小さな本棚」を作りたいと思っている。

クラナドは人生か?

「クラナドは人生」という有名な言葉がある。CLANNADというゲームがまるで人生を見ているかのようだ、ということから発せられた、2ch住民の言葉だ。今でこそまるで名言だが、当時は迷言そのものであった。(ネタバレ注意)

村上春樹作品はどれから読めばいいのか

読んだことのない人にオススメの作品を紹介したい。ノルウェイの森ではない。あれはウェイだ。主人公大学生だし。

田舎健康タウンとは何か

私のTwitterで度々言及される田舎健康タウン。これはなんなのかと疑問に思っている方もいるようなので、ここで改めて解説したい。

新卒退職本4を読んで

新卒退職本とは、新卒3年以内に会社を辞めた人たちが、自らの言葉でその思いを綴った同人誌である。今回は昨年のコミケで頒布された「新卒退職本4」(Amazonの商品ページはこちら)の感想回としたい。

食べ歩きに憧れてる話

最近食べ歩きに憧れている。というのも、この動画を見てしまったからである。それで思ったのだけれど、地元には食べ歩きスポットのようなものが少ないような気がしている。やはり食べ歩きは都会の特権なのだろうか。

50代の人が勘違いしている今の常識

50代以上の人と話していて、たまに話が合わないなと思ったら、えっ?!と思うような非常識が飛び出してくることがある。よくよく聞くと、今から30年前、バブルの頃までは常識だったらしい、ということが分かった。前提が違うので議論をしていても全くかみ合…

オルスタライブでの持ち物について

世の中にはオールスタンディング(椅子なし)のライブというものがある。満員電車のような空間なので、持ち物には気を使うのだが、初めてだとどうしていいか分からないと思う。そこで、僕がどうしていたのかを紹介したい。

ユニクロのXSサイズがちょうどいい人の話

身長が低いと、どうも普通に売ってる服が大きすぎる。 そう感じること、ありませんか? 僕はあります。

金沢市内は自転車がいないという話

昨年9月に金沢旅行に行ったのですが、最も印象に残っているのが、金沢市内で自転車を見かけなかったこと。

※本ブログはAmazon.co.jpアソシエイトプログラムのメンバーです。